断捨離

断捨離とは、生活の質の向上や心の平穏などを得るために、モノに執着することをやめて、不要なものを捨てて減らしていこうという考えのことをいいます。ちなみに断捨離という言葉は2010年の流行語大賞にも選ばれています。断捨離という言葉が流行したのはクローズアップ現代での特集がきっかけだといわれていますね。

断捨離という言葉の意味はヨガの断行・捨行・離行という考えから来ていて、これは仏教にも通じる理念でもあります。仏教でいうと禅の修行が似たような形ですね。

単純に断捨離と聞くとモノを捨てることをイメージする人も多いかもしれませんが、きちんとした意味があるんですね。断捨離のやり方としてはただモノを捨てるのではなく、まず断捨離が持つ意味や考え方、心構えを身に付けるということが大事でこれができていないといざ断捨離を始めようとしてもなかなか物事がうまく進まなくなってしまいます。

断捨離のやり方はまず、モノを仕分けるところから始まります。その際にモノはカテゴリー別に分けてから必要なもの・捨てるもの・どちらともいえないものと三種類に分けていきます。そしてある程度期間を置き、もう一度じっくりと考えると未練なくモノをスッパリと捨てることができるようになります。

その状態をキープすることも重要で、その辺は実際に断捨離を行っている人のブログなどを読んでコツを掴みましょう。