アヒージョ

アヒージョとは「ニンニク風味」という意味のスペイン語で料理としてはスペインのマドリードより南が発祥のオリーブオイルとニンニクで煮込んだ小皿料理のことです、最近は日本でもバルなどの居酒屋を中心にアヒージョが食べられていますよね。

スペイン料理に馴染みがない人は具材がたくさん入ったアヒージョを見てどうやって食べたらいいんだろう?と疑問に思われるかもしれません。もしかしたら食べ方なんて気にせず食べればいいという人もいるでしょう。

一応正式なアヒージョの食べ方としては、オリーブオイルだけをパンに付けて食べてから、残った具材を食べるというのが正しいアヒージョの食べ方のようです。なぜならアヒージョは元々魚介の旨味が溶け込んだオリーブオイルを楽しむための料理なのであくまでも主役はオリーブオイルだからなのだそうです。かと言って、具材を残すのではなく最後に食べきります。

とは言っても日本ではバケットの上に具材も一緒に乗っけて食べるという食べ方の人がほとんどだと思います。アヒージョの具材は特にこれと決まったものがあるわけではありませんが、人気があるのはやはりエビやタコといった魚介類を具材で使ったアヒージョです。

個人的には豚肉とじゃがいも、きのこを使ったアヒージョも美味しいのでオススメですよ。アヒージョのレシピは検索するとたくさん出てくるので気になったものを作って食べてみてはいかがでしょうか?