ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは自動車に設置する車載装置で、取り付けておくと映像や音声などを記録させておくことができます。ドライブレコーダーを取り付ければ、事故を起こした時や旅行をした時の思い出にもなりますよね。

現在色々なドライブレコーダーが販売されていますが、主な機能としては録画・録音・GPSデータ記録・加速度センサー記録・静止画撮影というのがドライブレコーダーの主な機能と言えます。

ドライブレコーダーには常に録画をするタイプと急ブレーキや衝突をした時に記録をするタイプのドライブレコーダーがあります。中にはユピテルのドライブレコーダーのように両方のタイプを兼ね揃えたハイブリッドなドライブレコーダーもあるんですよ。

ドライブレコーダーを設置する目的として一番多いのはやはり事故の際の記録です。例えば信号の色が赤だったのか、青だったのか?の証明に利用することができますし、ドライブレコーダーで常に録画されているという部分で危険運転などの抑止力にもなります。

交通事故を起こした際に、場合によっては相手側が全く意味不明なことを言ってくることもあります。そういった場合にドライブレコーダーがあれば変なトラブルに巻き込まれることはありません。

ドライブレコーダーというとタクシー会社などの企業が設置するイメージがありますが、価格自体が安くなったことで個人で搭載する人も増えています。